5つの助成

具体的に活動しようとする皆さんを5つの助成メニューでバックアップします!

助成イメージ

5つの助成

5つの助成

具体的に活動しようとする皆さんを5つの助成メニューでバックアップします!

地域づくり応援助成金
地域づくり情熱人支援事業
UIターン定着支援交流事業
ルネッサンス青年団事業
中国ろうきんNPO寄付システム

地域づくり応援助成金

NPOや地域づくり団体のユニークな発想や企画力を活かし、地域課題解決や地域活性化に向け、団体自らが実施する継続的な活動を応援します!

立上げ支援 事業化支援
対象者 県内のNPO法人、民間団体やグループ(構成員5名以上)、企業等
対象事業 団体の立ち上がり期の活動や新規の活動 新たな事業展開を図る活動(本格的な規模拡大・グレードアップなど)
  • タイプ1 公益重視型(課題解決事業を想定)
  • タイプ2 経済振興型(地域ビジネスを想定)
対象経費 謝金(講師、外部専門家)、旅費、材料費(食材費含む)、消耗品費、借上料、通信運搬費、広告料、印刷費、調査費(販路調査等)、技術研究費、設備・備品費、その他事業に認められる経費(※従前からの経常的活動経費、団体構成員の人件費、用地取得費は対象外)
助成率 対象経費の2/3以内
助成期間 1年 1年または2年
助成限度額 20万円以上50万円以下 50万円以上200万円以下
審査方法 審査会(書類審査) 審査会(公開プレゼンテーション)
申請締切 ※当日消印有効 第1回:07月13日(金)
第2回:12月14日(金)
第1回:06月29日(金)
第2回:11月30日(金)
審査会 第1回:8月頃
第2回:1月頃
第1回:8月頃
第2回:1月頃
事業開始 第1回:09月01日以降~
第2回:02月01日以降~
第1回:09月01日以降~
第2回:02月01日以降~

※応募多数の場合などは、1次選考を実施することがあります。

事業化支援審査のポイント
  • 地域の課題解決や地域活性化につながる事業か
  • 事業計画がしっかりしていて、実現可能性が高いか
  • 事業を遂行するための組織運営能力、知識、経験、ネットワークがあるか
  • わかりやすく、熱意・説得力のある申請書類・プレゼンテーションであるか

平成29年度の事例

立上げ支援
津和野町 合同会社やもり 「島根わさび」利用実態調査事業
江津市 万葉ロマンの里・二宮 「石見の国・二宮」魅力倍増計画
浜田市 ごっつぉ-の会 サロンで繋がる地域の「和」事業
出雲市 Sunday Market CiBO ライフスタイル提案型ファーマーズマーケットプロジェクト
飯南町 特定非営利活動法人里山コミッション 田舎版総合みまもり支援サービス事業
海士町 崎みかん再生PJ加工部 海士町の先っちょで崎みかんものづくり&ホッとひと息カフェPJ
松江市 TAKARAMON 「起業者×空き家」によるマチリノベーションプロジェクト
出雲市 出雲ロケーションオフィス ロケーション誘致活動を通した地域の魅力化プロジェクト
出雲市 室津わら工房 102歳の技を今に伝える~稲わらによる世代間交流の場づくり~
雲南市 うんなん・大東ぐみ 若者の夢がかなう街創り事業
奥出雲町 奥出雲やまなみファーム 命とふれあう体験牧場化事業
出雲市 たきのがっこう実行委員会 「ETHICAL HOUSE 不便や!」プロジェクト
雲南市 産業教育プロジェクト 自然=森=畑=あそび=勉強=お金=しごと
つながる!絆プロジェクト
津和野町 ファミリア つわの暮らしSOUZOU計画
ー地域とつながる移住型滞在プロジェクトー
浜田市 みはし地域まちづくりネットワーク 社会参画型サロンをきっかけとした自律的コミュニティづくり
邑南町 有限責任事業組合てごぉする会 食用鯉のブランド化による「鯉食文化」の拡大と販促強化事業
浜田市 やすらぎ開発合同会社 旭町産「梨ケチャップ」づくりを通じた地域コミュニティー形成事業
大田市 宅野を起こす会 宅野まるごと体験プロジェクト
浜田市 やさか爺~婆~さん倶楽部 おいしい田舎のおすそわけ「みんなの知恵袋・おおがんさい」プロジェクト!
事業化支援
【経済振興型】
松江市 特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい PCリサイクルステーションゆうあい開設による新たな障がい者就労の場創り事業
【公益重視型】
浜田市 NPO法人わきあいあい 自伐型林業による地域活性化プロジェクト
江津市 合同会社Design Office SUKIMONO クリエイティブクラス誘致のためのシェアハウスプロジェクト
出雲市 古代出雲薬草探究会 未来へつなぐ「古代出雲は薬草の国」事業
出雲市 吉栗ドリーム 羊の里づくりによる交流人口の拡大事業
知夫村 離島コミュニティハウスプロジェクト 暮らしまるごとおすそわけ「よしまんち」事業

パンフレット【PDF】申請書類はこちら

地域づくり情熱人支援事業

地域づくりに取り組む団体に”情熱人”が入り、新たな地域活動の創出やさらなる地域への波及効果の高い活動を展開することで、活動経費を確保し継続的な活動を支援します。

対象 Uターン者、島根県在住の若者(概ね45歳未満)
助成額 情熱人:月12万円(活動支援及び滞在支援)※子連れ加算月3万円
受入先:月3万円
助成期間 原則1年間。ただし、次年度企業等につながりそうな実績を残せた場合は2年目の延長あり(最長2年間)
【起業等につながりそうな実績のイメージ】
受入団体の新事業部門を立ち上げた。数年後、自ら当該地域でコミュニティビジネスをおこす事業計画があるなど。
申請締切 年1回(9月7日(金))
事業開始 10月1日以降
応募方法 地域づくり団体が”情熱人を確保”して応募
審査方法 事前の書類提出・面接を実施し、後日合否を通知

応募前に確認しておきたいチェックポイント

情熱人
  • 情熱人としての覚悟と責任を持っているか
  • 地域のしきたりやルールを大切にできるか
  • 明確な成果目標と事業計画をたてて行動できるか
  • 生活に必要な資金が確保できているか
受入先
  • 団体内部のサポート体制は十分か
  • 事業が情熱人任せになっていないか
  • 受入後の自立に向けた事業計画が描けているか
  • 考えられるリスクやマイナス面について話し合いができているか

申請書類はこちら

UIターン定着支援交流事業

対象者 事業を行う島根県内の地域住民団体等
対象事業 地域住民団体等が地域住民の協力を得ながら以下の条件を満たして新たに企画・実施する事業(地域住民団体等の定例の交流会等は対象としない)
(1)地域住民とUIターン者との交流会や意見交換を行うこと
(これに加えて、現地での暮らしを継続するために必要な地域行事の体験や研修等を行うことを含む)
(例)集落や市町村単位での交流会、県全域やブロック単位での地域おこし協力隊を対象とした交流研修会等
(2)UIターン者の参加を広く促すこと
(3)参加したUIターン者の定着に結びつけるための継続的なつながりが見込めること
助成額 1地域住民団体等あたり上限10万円(20件程度)
対象経費 事業実施に係る経費のうち以下を対象とする。
会場等借上費、印刷製本費、消耗品費、謝金、旅費、通信運搬費
また、運営に要する事務経費は、一般管理費として助成金額の1割以内で計上することができる。
ただし、団体構成員への支払となる会場等借上費、印刷製本費、謝金は除く
申請締切日 定数まで随時募集

申請書類はこちら

ルネッサンス青年団事業<若者応援メニュー>

若者による地域活性化に向けた各種地域活動を強化し、かつての青年団活動のように、職場を超えた交流の場、出会いの場を設ける活動を応援します。

対象者 島根県内で活動する民間団体、グループまたは新たにグループをつくる場合も可
対象事業 新たな交流の輪を広げること等を目的とし、新たに企画・実施する事業で、単なるレクリエーションや飮食会ではなく、参加者の相互理解、交流が深まるような仕掛けや工夫がなされたもの。
助成額 1人当たり上限額3,000円(宿泊をともなう場合は1人当たり上限額5,000円)

※1団体につき助成額の上限は1回あたり10万円
※事業の対象とする若者は、18歳以上45歳未満の者(在住地は県内外を問わない)

対象経費 会場費、広告費、材料費及び消耗品費など、必要と認められる経費
申請時期 定数まで随時募集

申請書類はこちら

中国ろうきんNPO寄付システム

中国労働金庫、中国5県の中間支援組織との協働で、県内NPO法人の活動を支援しています。2018年秋頃に募集を行います。

中国ろうきんNPO寄付システム

県民のみなさんから中国労働金庫に通じて寄せられた寄付金を、県内のNPO法人に配分します。

配分金額 原則1団体5万円(一部10万円)
対象経費 使途に制限は設けません。
応募要件 島根県内に主たる事務所を置くNPO法人
(2018年12月末までに認証される予定のNPO法人)

2017年度配分総額145万円(24団体)